即会い情報局ホーム > 横浜の主婦のLINE掲示板

横浜の人妻さんは、ものすごい欲求不満でした

主婦の画像

今回はライブドアYCCで出会った女子のご報告です。

彼女は横浜に住む33才の人妻さんでした。彼女とのやりとりもやっぱりLINEでした。

彼女は、一種のLINE中毒でした。のべつまくなしにメールを送ってくるのです。1日の間に200通以上ものメールが届きました。きっと昼間はそうとうヒマにしていて、片時もスマホを手放せないのだと思います。仕事をしながらこういう女子に対応するのは正直かなりたいへんです。

でも、見方を変えると、そういう女子と集中的にやり取りした方が、急速に親密感が高まって「エッチ率」が高まるんですね。

LINEの画像

経験的にいって、人妻さんって、「旦那について触れないほうがエッチ率が高くなる女子」と「旦那に対する愚痴をとことん聞いてあげた方がエッチ率が高まる女子」とに分かれています。

彼女は後者でした。

「うちの旦那ってさー、なんでも超受け身なんだよねー。実家の親にも、職場でも、ぜんぜん思ってることいえないんだよ」

「ふーん。受け身ってエッチとかも?」

「うん。旦那からはまず誘ってこない」

「草食なんだ?」

「肉食ではないね」

「じゃあ、エッチするときはえりちゃんから誘うの?」

「ほぼ、そうかな」

「で、するときもえりちゃんが上になっていかせるとか?」

「それはナイショ」

じつにくだらない会話です。でも、一日中こんな会話をしているわけですから、自然と僕も彼女も自分をさらけだすことになっちゃうんですね。

「クンニとかしてくれるの?」

「ぜーんぜん。あたしがフェラで勃たたせて、上になって入れて、動いて、旦那がいったら終わり、って感じ」

「後戯は?」

「後戯? なにそれ? そんなの知らない」

「おれ、えりちゃんにクンニしたい」

こうして僕たちは会うことになりました。こんな会話のあとに会うんですから、エッチすることになるに決まってます。

LINEの画像

実際の彼女は、メールでいってた以上にエッチに飢えていました。

もう耳を舐めた段階で、マンコは大洪水を起こしていました。きっと旦那さんってよっぽど手抜きをしていたんでしょうね。

クリトリスを舐めて吸ったら、

「あ、ああ!だめ!それダメ!出ちゃう!出ちゃうって……!あ、ああああ!」

と喘いで、失禁してしまいました。

はい。潮噴きじゃなくて、失禁です(笑)。でも、僕とのエッチによっぽど興奮したのか、また会ってくれる約束をしてくれました。

それからもずっとエロメールはつづいています。

LINEと併用できるサイト一覧


LINE友達 上記のサイトは僕が長く使っているサイトです。最近では女性会員もLINEのIDを交換してくれる女性が増えてきた感じです。
何が良いかと言うと、ラインに誘導すればお金がかからない事。ラインって通話もメールも無料でしょ?それって他のサイトでエロそうな女子と仲良くなって、 IDを教えて登録すればエッチな写真を交換したり、会えるまで話込むことも可能ってわけですよ。無料でね。
ちなみに上記サイトは新規の登録の際に無料で使えるお試しポイントみたいなものが2000円ぐらいもらえるんです。 なので初回登録時からラインをうまく併用する事で全くお金をかけずに使えるってワケです。けど、僕の場合は月に1000円から2000円は払ってますけどね。 沢山の女子と会おうと思うのなら1000円ぐらいは使わないと会えないのが現実ですけどね。まあ僕のレベルで月に4人は会えてます。


ラインと組み合わせた遊び方

世の中には本当にエロいお姉ちゃんって多いんですよね。上記のハピメの場合はアダルト画像掲示板があって、そこでランキングを競っている 変態女も多いんですよ。
何をしているかと言うと自分のオッパイとか見せて喜ぶだけ。綺麗って褒められると喜ぶ変態ちゃんですね。 僕もそんなエロい女子と5人ぐらい仲良くて、ヌキたい夜は彼女達にメールしてオナメールを楽しませてもらってます。
中には長い事メールしているうちに彼女から会いたいという女子もたまにいますよ(笑)
費用をかけない方法は写メ付の女性の投稿を見つけて、お気に入りだったら、そのままラインのIDにメールください!って送るのが浪費しません。 けど、リターン率は少し悪いですけどね。メール開始からレスポンスを3回ほどしてからが良いかもしれません。

上の写真の彼女もハピメの掲示板で仲良くなった女子で僕の部屋で何度もハメ撮りさせてもらったセフレです。最近はセフレの関係が終わりましたが、ハピメの中を見たら、写メランキングで上位にきてました(笑)
こんな女子にLINEで話さないか?って持ちかけるとIDを教えてくれたりするので、そこからラインで長い事会話してアポを取ればヤレますから。