即会い情報局


女性用のエッチなマッサージで
女性用

これまでの出会い系体験の中で、最高の美女と出会いました。

週末の深夜に「朝まで付き合った欲しい!」という投稿を見つけたのです。

咄嗟にサクラかと思いましたが、彼女がいま歩いているという「奥田公園」は僕のマンションと目と鼻の先です。

ダメ元で「5分以内に行くから、その場で待ってて」ってメールして部屋を飛びだしたら、本当に公園まえに彼女は居ました。

しかも、顔もスタイルも極上です!僕ははやる気持ちを抑えつつ、そこから駅前に移動し、居酒屋チェーンでとりあえずのビールで乾杯。

でも彼女の様子はなんとなく沈んでいます。聞いてみると彼氏に浮気され、たったいま喧嘩別れしてきたばかりのようです。

そこでこの夜の僕は「聞き役」に徹することにしました。

居酒屋で3時間、ファミレスで1時間半、ダラダラと彼女の愚痴を聞き続け、彼女が「眠い」って言いだしたのを見計らって「だったら僕んち来る?」と切り出しました。


エッチ

部屋に来てからも僕はガツガツしないよう自制しました。

まず熱い風呂を沸かし、洗い立てのタオルを用意し、ベッドには新品のシーツを敷いて彼女を寝かせ、さらにはアロマオイルを使って足裏マッサージのご奉仕までしてあげました。

それから徐々に「添い寝」に移行し、ごく自然な流れでキスまで持っていったら、あとはもうこっちのものです。勃起度をギンギンを上げておまんこしちゃいました。

では今回の彼女の「まんコレ報告」です。

でも、それほど意外な報告はありません。

彼女は顔と同様、とても端正なおまんこをしていたからです。

ひとついえるとしたら、肌の色が白いせいでまんこの色がじつに鮮やかにみえたこと。

彼女は本当に美味しそうなサーモンピンクをしていました。

やっぱり色の白い女性ってまんこの色素も薄いんですね。

あとはすごい「下付き」だったこと。

バックからやると密着感が激変するんです。

彼女自身もバックがお好きみたいで、僕は「あんあんあん」喘ぐ彼女のお尻に、いっぱい精液をぶちまけちゃいました。

そしたら彼女も僕とのおまんこで踏ん切りがついたみたいで、一眠りした後、「またメールするね」と言い残し、元気に帰ってゆきました。

でも、それから僕がメールしても返事はありません。僕としては彼女になって欲しかったのに。

どこかで戦略間違えたのかな。

とりあえず即エッチできたので良かったのですが、彼女に会いたい気持ちの方が強くて苦しいです…笑


▼最新記事

▼まんコレ写真
即会いTOP > 女性用のエッチなマッサージで
まんコレは即会い系で出会った女性の写真を趣味で配信しているサイトです。18歳未満は閲覧したらダメです!
© 即会い情報局 2013