即会い情報局ホーム > 愛知の大人の女とLINEで

愛知の人妻さんはエッチな女性でした

大人の女の画像

僕は仕事の性格上、月に2、3回のペースで地方出張に訪れます。で、この出張中というのが、僕みたいな出会い系マニアにとってはすごく「おいしい期間」なのです。

まず滞在費は会社の経費で落ちますので、ホテル代がかかりません。それに割り切りや援交女子の中には「出張族狙いの女子」もいます。

つまり出張のときって自動的に「即マン率」が高くなるんですね。

先日の名古屋出張の際には、ハピメを使って39才の援交人妻と出会いました。

愛知の画像

彼女は出会い系で「趣味と実益を兼ねてる」というか、根っからエッチ好きな女性でした。

彼女にいわせると知り合いとではなく、援交のように一期一会のエッチのほうが、スケベな自分を正直にさらけだすことができて、気持ちいいのだそうです。

「こんなこというのもなんだけど、わたし、援交を始めてからのほうが、ずっとエッチが好きになった気がする」

実際彼女は感じ方もすごかったし、僕に対するご奉仕テクもたいへんレベルが高いものでした。

素人女子のくせに蟻の門渡りからキンタマ袋、アナルまで絶妙な舌使いで舐めてくれたうえ、本格的なフェラの際には「寸止め」を繰りかえして、男が感じる「ギリギリの快感」をキープすることができるんです。そのうえ39才だというのに、マンコの絞まりも抜群でした。そのことを僕が褒めると彼女は、

「よくエッチばっかりしているとガバガバになっちゃうとか、いうでしょう? でも、わたし、あれウソと思う。だってわたし、昔より自由に絞めたりゆるめたりできるようになったもん」

と照れたようにいってました。

いいことはそれだけじゃありません。

LINEの画像

「こういう風に知らない人とエッチしたあとって、なんかすごく旦那に優しくしてあげたくなっちゃうのよね」

一応旦那に対して罪悪感のようなものがあるんですかね。家に帰ると旦那の好きなお料理を作って、背中を流してあげて、甲斐甲斐しく世話をしてやりたくなっちゃうんですって。もちろんその際にはフェラもしてあげて、旦那が望めばそのあとベッドでもご奉仕してあげるのだそうです。

「だからかなあ。援交始めてからのほうが、夫婦仲もよくなってるの」

なんか、なにもかもいいことずくめです。こういうケースもあるんですね。

ビバ! 援交!

彼女の話を聞いているうち、不思議と僕まで「いいことをしている」ような気持ちになってしまいました。

僕は彼女とLINEのIDを交換し、また名古屋に出張にきたときは、絶対会って欲しい、とお願いしました。

LINEと併用できるサイト一覧


LINE友達 上記のサイトは僕が長く使っているサイトです。最近では女性会員もLINEのIDを交換してくれる女性が増えてきた感じです。
何が良いかと言うと、ラインに誘導すればお金がかからない事。ラインって通話もメールも無料でしょ?それって他のサイトでエロそうな女子と仲良くなって、 IDを教えて登録すればエッチな写真を交換したり、会えるまで話込むことも可能ってわけですよ。無料でね。
ちなみに上記サイトは新規の登録の際に無料で使えるお試しポイントみたいなものが2000円ぐらいもらえるんです。 なので初回登録時からラインをうまく併用する事で全くお金をかけずに使えるってワケです。けど、僕の場合は月に1000円から2000円は払ってますけどね。 沢山の女子と会おうと思うのなら1000円ぐらいは使わないと会えないのが現実ですけどね。まあ僕のレベルで月に4人は会えてます。


ラインと組み合わせた遊び方

世の中には本当にエロいお姉ちゃんって多いんですよね。上記のハピメの場合はアダルト画像掲示板があって、そこでランキングを競っている 変態女も多いんですよ。
何をしているかと言うと自分のオッパイとか見せて喜ぶだけ。綺麗って褒められると喜ぶ変態ちゃんですね。 僕もそんなエロい女子と5人ぐらい仲良くて、ヌキたい夜は彼女達にメールしてオナメールを楽しませてもらってます。
中には長い事メールしているうちに彼女から会いたいという女子もたまにいますよ(笑)
費用をかけない方法は写メ付の女性の投稿を見つけて、お気に入りだったら、そのままラインのIDにメールください!って送るのが浪費しません。 けど、リターン率は少し悪いですけどね。メール開始からレスポンスを3回ほどしてからが良いかもしれません。

上の写真の彼女もハピメの掲示板で仲良くなった女子で僕の部屋で何度もハメ撮りさせてもらったセフレです。最近はセフレの関係が終わりましたが、ハピメの中を見たら、写メランキングで上位にきてました(笑)
こんな女子にLINEで話さないか?って持ちかけるとIDを教えてくれたりするので、そこからラインで長い事会話してアポを取ればヤレますから。